50代の基礎化粧品 - 何使ってますか?

50代女性が使っている基礎化粧品の傾向

このサイトは50代女性がどのような基礎化粧品を使用して、どのような使い心地を感じているのか調べた結果のサイトです。

 

50代女性には等身大で語ってもらっていて、そのままの文言で掲載しています。なので人によって文体・表現に差がありますが、内容はより参考になるもので掲載できていると思っています。

 

50代人気調査結果

 

50代女性に人気な基礎化粧品の傾向は以下のとおりです。

 

  • オールインワンタイプ
  • シミ対応
  • しっとりタイプ

 

またブランドではオルビスやファンケルなど定番で価格が高すぎないものも人気。

 

50代肌ということでスペシャルなものを選ぶ人も増えますが、家計のことを考えて長く続けられる価格帯、かつ効果にも期待がおけるような実績のあるブランドに人気が集中しています。

 

新しく50代イメージで参入したのは富士フィルム

 

松田聖子と松たか子のTVCMの印象が強いアスタリスト。

 

松田聖子で50代、松たか子で30代ということで、30~50代をターゲットにしているのが分かります。特に松田聖子の印象が強いようで(アスタリフト使用者の声参照)、これまで新しい50代向け基礎化粧品が出てこなかった中で、かなりインパクトを残しているようです。

 

50代肌に求められるのは肌の水分量はもちろんかなり減少してしまった綺麗な皮脂です。この2つがバランスよく肌に届けられるものが良い実感を得られます(50代肌に必要な基礎化粧品参照)。

 

アスタリフトはセラミドと他社ブランドにはない各種オイル分が含まれており、成分表を見てもかなりいいものが含まれているのが分かります。ただ単に50代という指標のブランドイメージではなく、中身が伴っている注目のブランドと言えます。

 

乾燥対策で勘違いしていませんか?

 

若い人でもそうなのですが、共通の50代の悩みで乾燥があります。

 

この乾燥を改善させる保湿機能は当然50代向け基礎化粧品に入っていますが、50代向けになると乾燥を感じにくくさせる一時しのぎのものが目立ちます(保湿について詳しいのは乾燥肌Kick)。

 

本当に肌に必要なのは、50代女性ならセラミドとオイルです。この2つが入っているものが一番効果的と言えますね。いろいろな潤い成分がありますが、ただ乾燥をごまかしているものも多いため、ただ肌に化粧成分を繰り返し乗せているだけになっているものが多いです。

 

いくら基礎化粧品を使っても乾燥を繰り返す場合、配合成分について一度見なおしたほうがいいでしょうね。

 

さすがに50代になったら、30代の肌に戻す!なんてことは不可能です。なのにあれこれお手入れしすぎて、余計に肌を痛めて老化を加速させている人はかなり多いですね。

 

50代肌はとにかくいたわること。足りないものを補うこと。そして過剰な期待をしないこと。これが必須です。

 

50代肌に足りないもの、30代肌との違いはこちらを参照!▼
http://50代肌のお手入れ方法.com/

 

特に女性は皮脂が不足して肌が刺激に弱くなり、常在菌の活動も鈍って肌がカサカサになってきます。保湿不足もそうなのですが、肌環境自体が悪化してしまっているという点にも注目ですね。